RISU算数×算数検定 受けないとソン! 学校の通知表も嬉しい結果に◎

RISU算数✖️算数検定 受けないとソン!学校の通知表も嬉しい結果に◎
メイヤー

こんにちは!

息子(小3)がRISU算数からの案内メールをもらったことをきっかけに、初めての「算数検定」にチャレンジしました。

息子は「RISU算数」に加えて「くもん算数」もやっています。「くもん算数」ではF(小6レベル)に進んでいたものの、文章問題や図形問題、単位の問題などに不安があったため「RISU算数」を始めました。

今回は9級(3年生相当)のチャレンジだったので実学年レベルではありますが、受験したことでこんなメリットがありました。

  • 着実に理解が伴っていることがわかった
  • 半年先の先取り学習ができていることがわかり本人の自信につながった
  • 理解不足な箇所が明確になった
  • RISUの助成制度を利用して継続受験していけそうな目処がたった

着実に理解が伴っていることがわかったことと、半年先の先取り学習ができていることで本人の自信にもつながりました。

RISU算数では検定料を全額負担してくれる、というお得な制度があるので利用しない手はありません。

「学力UP✖️モチベUP」が仕組み化されていて継続しやすいことも人気の理由だということが実感できたので、RISU算数に興味がある方もない方も参考にしてみてくださいね。

目次

算数検定の費用を負担してくれる

RISU算数では「算数数学検定」と公式提携していて、受験費用の助成制度を利用することができます。

この助成制度を利用するには

実学年レベルよりひとつ上の学年に合格することが条件 にはなりますが、受験費用を全額負担してくれます。

ひとつ上の学年と聞くと難しいように感じるかも知れませんが、小学3年の6月からRISUをスタートした息子も同年の秋には3年生ステージをクリアし、”3年生相当(9級)の受験が可能”、という案内メールをもらうことができました。

RISU算数からのメール

毎日長時間取り組んだわけでもなく、スキマ時間を利用した細切れ学習法です。

RISU学習は平均でも学校のスピードの1.3倍〜1.5倍の速度で進んでいる子がほとんどなので決して難しい設定になっているわけではありません。

つまり、

一度ひとつ上の学年レベルに合格してしまえば、RISU算数の学習ペースを継続していける限り無料で受験し続けられます。

今回実学年レベルの受験をして「合格」できた息子も、モチベUPにつながり、RISUに触る時間も増えている気がします。

ひとつ上の学年レベルの受験にチャレンジできる日もそう遠くないでしょう。

ねこすけ

無料で受験した後には「学力UP」✖️「モチベUP」の相乗効果が得られるんだから受験しない手はないニャ。受験しないとソンにゃ。

RISU算数検定

算数検定の結果

算数検定合格証

9級(小3レベル)に見事合格!

3年生相当レベルの問題が20問出題され、14点が合格点です。

3問間違えたので17点でした。

算数検定9級結果

今回「RISU算数」に取り組んでいただけで特に算数検定に向けた学習はしていません。

間違えてしまった「円と球」の問題では直径や半径などの定義を忘れてしまっていたようです。

RISU算数でポチっと解き直しをしたのと、算数検定結果の裏に出されていた”チャレンジ問題”にも取り組み、取りこぼしのないようにしました。

RISU算数3年生 図形問題
RISU算数3年生図形問題の振り返り
算数検定チャレンジ問題
算数検定チャレンジ問題

間違えてしまったところも振り返りをして理解を深めていくことで定着していきます。

算数は積み上げ式の学習なのでひとつのつまづき箇所があるとその先がわからなくなる、ということになりかねません。

この工程を怠らないようにしましょう。


実学年相当(3年生レベル・9級)の合格に過ぎませんが子どもにとっては大きな自信になります。

そしてまた次のレベルにも挑戦しよう、という意欲にもつながります。

まずは1ステップ。

応用問題が増え、難しくなる前の比較的簡単に合格できるうちからチャレンジすることをおすすめします。

学校の通知表 結果

算数検定の合否が送付された頃と同じような時期に学校の通知表ももらいました。

算数の通知表

算数が全て「◎」♪

成果に結びついていることが目に見えると嬉しいですね。

RISU学習の進捗状況を確認する

RISU学習の進捗状況は会員専用サイトから確認できます。

RISUの進捗

月ごとに区切られて一覧になっているので管理しやすいです。

RISU時間の管理

直近では2日に1回のペースで取り組み、1日の平均時間約6分…

1回20分以上やるのが効果的と言われているので本音を言うともう少し頑張ってもらいたいですが進捗状況から言ってもヨシとできるレベルです。

表を見ると20分程取り組んでいる日も4日あります。週に1回は20分できていますね。

引き続きスキマ時間学習で算数能力の向上に励みます。

費用について

費用については直近では月額上限(3ステージ以上クリア)の9,350円(税込)かかっていました。

けっこうかかるなぁ、という印象ですが頑張っている分の料金です。

どうせ上限ならプラスアルファ分までがんばって〜!(というのが本音です。)

RISU学習の管理に便利な機能

アラート設定

学習忘れや間隔の空き過ぎの防止に役立ちます。

RISU時間の設定

習い事のように◯曜日の○時にRISU。という設定ができ、メールでお知らせしてくれます。

RISU学習のアラート設定

いつでも設定変更可能なので、自分に合った取り組み方を模索してみましょう。

まとめ

小3息子がRISU算数に6ヶ月ほど取り組んで算数検定に合格した話をさせてもらいました。

学校の通知表でも満点の評価をいただき、目に見えて成果を確認することができて嬉しい限りです。

公文算数にも取り組んでいるので、このままRISU算数との相乗効果で理系の土台となる算数基礎をしっかりと学んでいけるでしょう。

本人のモチベーションアップにも効果的でお得に受験できる「RISU算数✖️算数検定」おすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

RISU算数✖️算数検定 受けないとソン!学校の通知表も嬉しい結果に◎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次